カテゴリー
ハラスメント相談コラム

マタハラの相談もメールで承っております。

パワハラ セクハラ 相談
パワハラ地獄敢闘記(ホームページ用)
企業の方の、ハラスメント対応の
previous arrow
next arrow

マタハラの相談を無料で承っております。

私たちは、マタハラの相談を無料で承っております。

マタハラについて、お伝えします。

マタハラとは

マタハラとは
妊娠や育休の人に対する嫌がらせです。

定義としては、

  • 「職場において⾏われるその雇用する⼥性労働者に対する当該⼥性労働者が妊娠したこと、出産したこと、妊娠⼜は出産に関する事由を契機として当該⼥性労働者の就業環境が害されること」
  • 「職場において⾏われるその雇用する労働者に対する育児休業、介護休業その他の⼦の養育⼜は家族の介護に関する事を契機として当該労働者の就業環境が害されること」

があります。

マタハラは、ハラスメントの中でも、特に厳しい。

もともと、妊娠した労働者に対して、労働基準法などの法律で出産育児などのための制度がありました。つまり、マタハラという言葉自体が浸透し、法制度化するぐらい、日本の妊娠した女性に対する無理解が蔓延っている状況ともいえる、悲しい状況です。

男⼥雇用機会均等法が対象とする制度⼜は措置
①産前休業
②妊娠中及び出産後の健康管理に関する措置
(⺟性健康管理措置)
③軽易な業務への転換
④変形労働時間制での法定労働時間を超える
労働時間の制限、時間外労働及び休⽇労働
の制限並びに深夜業の制限
⑤育児時間
⑥坑内業務の就業制限及び危険有害業務の就
業制限

育児・介護休業法が対象とする制度⼜は措置
①育児休業
②介護休業
③子の看護休暇
④介護休暇
⑤所定外労働の制限
⑥時間外労働の制限
⑦深夜業の制限
⑧育児のための所定労働時間の短縮措置
⑨始業時刻変更等の措置
⑩介護のための所定労働時間の短縮等の措置

を取らせないということは許されないのです

しかし、マタハラ防止法ができたことで、

出産育児介護に関する法律+マタハラ防止法

という強い規制がかかることになり、労働局などの行政機関も厳しく指導監督ができるようになりました。要するに、

2重の法律の規制がかかる!という意味で、マタハラに対しては厳しくなるのです。

行政指導も含めた、効率的な対応のアドバイスしています

私たちは、1000件以上のハラスメント相談に応じてきました。ですから、行政の指導、弁護士対応も含めた、非常に効率的なアドバイスができるところが強みです。

マタハラでお悩みの方、ぜひご相談いただければと思います。