ハラスメント防止の考え方

元々、「パワハラを無くしたい」というコンセプトで始まった弊社は、ハラスメント無いの会社を定義づけ、パワハラ防止についての考えを基礎づけています。

職場環境改善工房が定義づける「ハラスメントの無い会社」の定義

  1. 経営理念・指針・ビジョンが明確で、
  2. 働く上で心身の健康が維持しやすく
  3. 社員間のコミュニケーションが円滑で、
  4. ひとりひとりの能力が生かされることによって
  5. 経営体質が常に改善されていく企業

ハラスメント防止はコミュニケーションが良ければ解決する!という問題ではないのです。ひとりひとりの能力が生かされ、会社全体の方向性が定まっていなければいけないですし、業務を通して互いが成長しあう環境を作っていくという事なのです。

いわば、私たちは「ハラスメントの無い職場づくり」をとおして、企業コンサルテーションを行っていきます。

ですから、誰がハラスメントしたのか?という事実認定や決め込みを、私たちはハラスメント防止の考え方の基礎には置いていません。それは私たちが掲げる「ハラスメントの無い企業の定義」に反するものだからです。

私たちの研修は圧倒的な個人無料相談への信頼を基礎として、実際のハラスメントの現場から導き出した、直ぐに実践できる防止研修です。

それは、働く人全員が、互いに明るく活き活きと良い影響力を与えていく未来志向のハラスメント防止の考え方なのです。