心の悩み相談も承っております。

私たちは、ハラスメントの無料相談を承っております。

パワハラ・セクハラ・マタハラで悩んでいる方は、以下のメールフォームから必須事項をご入力の上、ご相談ください。まずはメールにてご回答いたします。

多くのパワハラ・セクハラ・マタハラで悩んでいる方の力になれればと思っております。よろしくお願いいたします。

尚、この相談窓口のご相談ポリシーに則り、相談にご対応いたしますので、フォームに書き込まれた内容が基準に達しないと判断した場合、ご回答しない場合がありますので、予めご了承ください。

ご相談はこちらから

↓の相談フォームから、ハラスメントのご相談ください。

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須   ※但し、携帯のメールアドレスはご遠慮下さい←PCのアドレスから返信できないことが多いので)

    住所(都道府県及び市町村までは必須 それ以下は任意)

    電話番号(必須)

    会社名若しくは、業種(必須)

    職種(必須)

    従業員数(必須)

    ご相談内容(必須)

    ご相談の具体的内容

    私たちのハラスメントに対する考え。

    私たちは、「ハラスメントを無くす!」という考えのもとに、この無料相談を行っています。

    もともとは、ハラスメント体験から始まった!

    そのそもそもの発端は、代表である私のハラスメント体験でした。その体験は本になっています。

    パワハラ地獄 敢闘記: 私はこうして上司のイジメと闘った | 原田芳裕 |本 | 通販 | Amazon

    1年半のハラスメントとの闘いから、私は「ハラスメントを無くしたい!」という想いを持つようになりました。

    しかし、その想いはどちらかというと「ハラスメント無くして、会社を良くしたい! 企業を良くしたい!」というものでした。

    人は、ハラスメントに遭うと・・・

    ・相手をとっちめたい(慰謝料とりたい 謝罪させたい)
    ・自分が悪いんだ・・・・(自分を否定しすぎて、メンタル疾患になる)

    のどちらかになりがちです。しかし、それは本来のハラスメント解決の道ではありません。

    「会社を良くする!」というなしにハラスメントは解決できない!というのが、私たちの考えです。

    2013年に始めた労働相談が、この相談の原型

    私が2013年に始めた労働相談が、この相談の原型です。実は、その時のことを中日新聞で大きく報じていただいています。

    労働組合としての相談ではあったのですが、この経験が、先に紹介したパワハラ体験記の出版や、企業向けのハラスメントコンサルティング「職場環境改善工房」へとつながっていくのです。

    無料相談にかける思い。

    私自身もそうですが、ハラスメントに対するとき、「会社を良くしたい!」という想いを持っていただきたいと思います。

    会社を良くしたい!という想いを持てる人は、必ずハラスメントに打ち勝ちます。一方で「ハラスメントから逃げる」「慰謝料とりたい、謝らせたい」という人は、結局のところ、会社を良くする、社会を良くする、という責務から逃れているのです。

    私たちは、ハラスメントと向き合って「会社を良くしたい!」「社会を良くしたい!」という小さくても無限大な志をもつ人にたくさん出会いたいと思っています。

    たくさんの方からのご相談をお待ちしております。