山口県岩国地区の消防組合でパワハラ

パワハラ セクハラ 相談
スライド1
スライド2
パワハラ地獄敢闘記(ホームページ用)
企業の方の、ハラスメント対応の
previous arrow
next arrow

山口県、岩国市の消防組合で起こったパワハラのニュースです。

【山口】蹴る、叩く・・・岩国地区消防組合でパワハラ(KRY山口放送) - Yahoo!ニュース

【山口】蹴る、叩く・・・岩国地区消防組合でパワハラ

3/17(木) 12:30配信16コメント16件

KRY山口放送

部下に対して腹を蹴るなどのパワハラを行ったとして、岩国地区消防組合は16日付で男性消防士に対し停職1か月の懲戒処分を行った。 処分を受けたのは、岩国地区消防組合の34歳の男性消防士長。 組合によると、消防士長は2019年からおととしにかけて 勤務していた出張所の部下2人に対し、「やる気がないなら辞めろ」などと叱責を繰り返したほか、腹を蹴ったり、平手で頭を叩くなどの暴力行為を行ったという。 2人に、けがはなかった。 去年12月に組合内のハラスメント通報窓口に通報があって発覚したもので、消防士長は「ミスを指摘するなかで指導がいきすぎた」などと話しているという。 岩国地区消防組合の冨岡英文消防長は、「ハラスメントに関する 職員研修等も繰り返し実施してきたところだが、 職員の指導・監督をより一層徹底し、再発防止と信頼回復に努める」とコメントしている。