パワハラ対策マニュアル。個人相談者向けを公開します。

パワハラ セクハラ 相談
スライド1
スライド2
パワハラ地獄敢闘記(ホームページ用)
企業の方の、ハラスメント対応の
previous arrow
next arrow

パワハラ相談(全国対応)
電話・メール無料窓口は以下から!

私たち職場環境改善工房は、以下のお電話でハラスメント相談を承っております。
基本は、10:00~18:00です。※但し、すぐに出られない時がありますので、その時は折り返します。

090-7312-3133

また、メールフォームのご相談も、以下のボタンをクリックしてできます。

ちなみに、相談員のプロフィールは、こちらになります。

パワハラに遭った時の基本対策マニュアルを公開します。

私たちは、多くのパワハラ相談にのっています。そして、本当にパワハラを無くしたい、パワハラに遭ったなら、むしろ、遭った人が「パワハラのない会社づくり」の先頭に立ってもらいたい!という想いで、相談活動を行っています。

その想いの中で、私たちはパワハラを解決する、一つのシンプルな答えを見出しました。それは「会社のハラスメント相談窓口に、戦略的に相談すれば、解決する」ということです。
これは、民法の規定や、法理、労働判例の蓄積から、パワハラ防止法制定に至るまでの流れを研究し、実際の相談活動の中で見出してきたものです。私たちのパワハラに遭った時の基本対策マニュアルを公開します。

パワハラ対策マニュアル ~パワハラに遭ったら、どうすれば良い?~編(個人相談者向けのマニュアル)

簡単に言えば、パワハラの相談は「準備」が大切であり、そこには、受けたパワハラ行為を「整理」することと、「戦略」を立てることが重要でなのです。しかも、その戦略は「パワハラ防止法を活用し、会社が設置したパワハラ相談窓口に相談することを基軸とする」というものです。実は、この基本さえ守っていれば、パワハラは早く解決していくのです。

しかし、多くの方はこれが出来ません。なぜなら、「整理」の中には、違法行為を明確にしていく作業が含まれていますが、これを明確にしていくことが、素人ではできないからです。「整理」ができない故に、結局パワハラ行為に対して、泣き寝入りをしてしまうというケースがあまりにも多いのです。

このマニュアルについて、具体的に動画で説明していますので、そちらもご参照ください。

職場環境改善工房の、ハラスメント個人相談者へのマニュアルも公開します。

私たちも、私たちにパワハラ相談をされた方に、必ずお渡ししているマニュアル(相談サービスのご案内)が2種類あります。

  • ハラスメント個人相談 案内(サービス内容のご紹介)
  • パワハラセクハラに遭った時の基本対応マニュアル(どういう流れで解決していくのか)

個人相談の内容としての案内と、対応マニュアルに分けています。
私たちの無料相談は、解決まで無料で寄り添うことが特徴です。感動レベルのパワハラ相談は自然と相談者側から「お金を支払いたい!」というお声をいただきますので、快くお支払いいただく制度を採用しています。
また、感動レベルの解決は、今後の人とのつながりにもなっていきます。新しいお客様を紹介いただくことも積極的に呼びかけできる関係になっていくことも想定してます。

ハラスメント個人相談 案内

では、私たちのハラスメント個人相談の案内を紹介します。

パワハラ セクハラに遭った時の基本対応マニュアル

相談時の流れを示しています。
また、ハラスメントの心理から、どういう行為がハラスメントになるのかも説明しています。

まとめ

個人向けのパワハラ対策マニュアルを公開したのは、ハラスメントで悩んでいる方に安心して、私たちにご相談いただきたいと思っているからです。

緻密に楽にパワハラを解決できる方策を提案できるハラスメント相談は多くありません。
だからこそ、ハラスメントでお悩みの方は、私たちにご相談いただければと思います。

ハラスメントの無料相談を行っています。 企業様のハラスメント対応のご相談も承っております。

以下のフォームから、パワハラのご相談ください。

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須   ※但し、携帯のメールアドレスはご遠慮下さい←PCのアドレスから返信できないことが多いので)

    住所(都道府県及び市町村までは必須 それ以下は任意)

    電話番号(必須)

    会社名若しくは、業種(必須)

    職種(必須)

    従業員数(必須)

    ご相談内容(必須)

    ご相談の具体的内容