クラッシャー上司に、どのような対策すればよい?

パワハラ セクハラ 相談
スライド1
スライド2
パワハラ地獄敢闘記(ホームページ用)
企業の方の、ハラスメント対応の
previous arrow
next arrow

クラッシャー上司とは、どういう人なのか

ハラスメントの相談を受けていると、たまに「クラッシャー上司」という言葉を使う方がいらっしゃいます。実際にネットなどでも流行っている言葉で、一定の数、人口に膾炙しているものと思います。

それでは、クラッシャー上司とは、どういうひとを言うのでしょうか?

クラッシャー上司の定義

厳しい言動や命令を繰り返して部下を責め立て、休職や退職に追い込んでしまう上司

クラッシャー上司とは? 特徴、事例、対策 - カオナビ人事用語集 (kaonavi.jp) より

実は、これ、私たちが説明している、ハラスメントの心理と同じなのです。

パワハラの心理ってどういうもの?

パワハラ相談(全国対応)電話・メール無料窓口は以下から! 私たち職場環境改善工房は、以下のお電話でハラスメント相談を承っております。基本は、10:00~18:0…

ここから、ハラスメントの心理の定義が導き出せます。

ハラスメントの心理の定義

自分だけが心理的優位に立つために相手の存在や価値を下げる行為をする

こうやって考えると、クラッシャー上司は、退職や休職まで追い込むレベルまでやり続けないといけない心理を持ち合わせていると言えるでしょう。

おそらく、このクラッシャー上司は、こういう行動をするのではないでしょうか?

クラッシャー上司の行動パターン

だって仕方ないだろう。驚かす。怒る。怒鳴る。同情させる。混乱させる。罪悪感持たせる。責任を押し付ける。やって当たり前だろう。当然だろう。

↑の行動を、事あるごとに繰り返し、精神的に重大な影響を与えるまで、やり続ける。相手が退職や休職という状況にならないと、行為者の心理的無自覚的な欲求は満たされない。

相手が破滅しない限り、安心感は得られない。但し、安心感が生じても安心できないので、次の相手を見つけて、再び、精神的に追い込むまで、↑の行動をやり続ける。

安心すると、不安になるというこの心理パターンが、クラッシャー行為をやり続ける原点になるのです。そしてこの原点がものすごいエネルギーを出させるので、仕事の上では成果を出すという特性も持ち合わせるのです。

クラッシャー上司の特徴は?

では、クラッシャー上司はどういう特徴を持っているのでしょうか?

それは、自己否定感情と他者否定感情が混在している特徴があるということです。まず、双方の感情について、説明しましょう。

  • 自己否定感情・・・・自分のことを素直に認められない感情。内面ではグズグズしたり、諦めたり妥協したりしている。そして、やっているふり、やってるつもり、仕方がないなどの行動で、自分を無理やり納得させている。
  • 他者否定感情・・・・相手のことを認めない感情。内面では相手のことを拒絶したり拒否したりしながら、強制的であったり、無理やりな言動などで、相手を説得する。

ここから、クラッシャー上司の特徴を導き出すことができます。

クラッシャー上司の特徴

自分のことを認められない感情から来る不安を埋めるために、強制的であったり、無理やりな言動で相手を説得しつづける。

実はこの特徴は非常に厄介です。自己否定感情と他者否定感情の混在型には、次のような結果が生まれます。

自己否定感情と他者否定感情が混在した特徴がもたらす結果
(クラッシャー上司の未来)

「人生の敗北者」

破壊型や破滅型の人生が待っています。全て否定的な感情を味わい、その感情で人を見てきたために、自分も他人受け入れられません。
その結果、内心は他殺願望・自殺願望であったり、憎しみと諦めの繰り返しであったり、自罰と他罰を繰り返す失望感で満たされた人生を味わいます。そして、敵意にあふれ、場合によっては引きこもったり、閉じこもったりします。

クラッシャー上司に、どう対応すれば良いのか?

クラッシャー上司の性格は、直りません。こういうタイプは自分を苦しめて相手を苦しめているので、地獄に浸りきりなのです。相手にすればするほど、自分が追いやられてしまいます。ですから、クラッシャー上司への対応は、基本「接しない・逃げる」なのです。但し、上司である場合、どうしても業務上接しなければいけない、ということもあるでしょう。ですから、クラッシャー上司に対応するための処方箋は次のようになるのです。

クラッシャー上司に対する処方箋

大基本
接しない・逃げる

クラッシャー上司と接しないのが基本です。

コミュニケーション
業務上の必要最低限のみ

しかし、クラッシャー上司はクラッシャー行為をしてきます・・・・

クラッシャー行為をしてきたら・・・
「あなたの行為はパワハラです! これ以上やったら、徹底的に戦います!」と意思表示をする。

毅然とした意思表示は、クラッシャー上司に対して心理的に効き目があります。また、この意思表示とともに、戦略的にパワハラ相談をすれば、このクラッシャー行為を効果的に止めることも可能です。

戦略的にパワハラ相談することを具体的に述べた記事

パワハラは、解決策をしっかり準備すれば、楽に乗り越えることができる。

パワハラ相談(全国対応)電話・メール無料窓口は以下から! 私たち職場環境改善工房は、以下のお電話でハラスメント相談を承っております。基本は、10:00~18:0…

まとめ

私たちなりにクラッシャー上司について、分析をさせていただきましたが、いかがだったでしょうか。

私たちはクラッシャー上司も含め、さまざまなハラスメント相談に応じています。

ハラスメントでお悩みの方、ぜひ私たちにご相談ください。

ハラスメントの無料相談を行っています。 企業様のハラスメント対応のご相談も承っております。

以下のフォームから、ハラスメントをご相談ください。

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須   ※但し、携帯のメールアドレスはご遠慮下さい←PCのアドレスから返信できないことが多いので)

    住所(都道府県及び市町村までは必須 それ以下は任意)

    電話番号(必須)

    会社名若しくは、業種(必須)

    職種(必須)

    従業員数(必須)

    ご相談内容(必須)

    ご相談の具体的内容(すべての項目、必須です)

    1、いつ、どこで、誰に、どのようなことをされたのか(時系列で具体的に分かりやすく)(必須)

    2、この件で、会社の相談窓口や、労基署・警察署などに相談しているか? 相談した結果、どうなったか?(必須)

    3、このハラスメントをどのように解決したいか。解決の基本路線を選び、その上で、具体的な解決状態を述べてください。(必須)