鳥取県米子市 課長補佐がパワハラで降任処分

2021年8月27日 山陰放送のニュースです。

ニュース/山陰放送 (bss.jp)

【引用はじめ】

鳥取県米子市 課長補佐がパワハラで降任処分

2021年08月27日 20時34分

特定の部下に対して侮辱や暴言を継続的に行っていた鳥取県米子市の課長補佐がパワーハラスメント行為にあたるとして8月27日づけで、係長への降任と減給10分の1(1カ月)の懲戒処分を受けました。

米子市によりますと、処分を受けたのは米子市役所本庁舎に勤務する40代の元担当課長補佐です。

元担当課長補佐は市役所で勤務している最中に、特定の部下1人に対して侮辱や暴言行為を一定期間、継続的に行っていたということです。
複数の職員から、このような行為をみたという情報があり、発覚に至りました。

元担当課長補佐は、2015年にも職場の同僚に対しての暴力行為や庁舎内備品の器物破損により訓告処分を受けていました。

BSSの取材に対し、市は「当事者個人としてではなく、市役所全体の教訓として、今後働きやすい職場づくりにつとめていく」とコメントしています。

また市は、再発防止策として職員へのハラスメント研修などを強化していく予定です。

【引用終わり】