カテゴリー
ハラスメント相談コラム

ハラスメントとコミュニケーションの関係

ハラスメントのコミュニケーションには、触れ合いがない

ハラスメントが起こる背景は、非常にシンプルです。

  • 触れ合い
  • 認めあい
  • 分かり合い
  • 許し合い
  • 支え合い
  • 褒め合い
  • 気づき合い

無いだけです。

これらを単に「褒める」と言うこともできます。要はハラスメントは「褒めていない」から起こるコミュニケーションとも言えます。

では、褒めるとはどういう事でしょうか?

大事なのは、愛情ある「褒める💛」

褒めるコミュニケーションには、愛情の支えが必要です。愛情の支えが無いコミュニケーションは、嫌み・皮肉・否定・批判・非難・無視・無関心となり、自分と相手を傷つけてしまうのです。

褒めるとは、まさに、相手の存在や価値を認める働きかけをすることなのです。ですから、褒める手段や方法は様々なものがあります。

人を褒めたハラスメントはない。

私が良くする質問があります。「人を褒めまくったハラスメントって聞いたことがありますか?」

答えは、褒めてハラスメントになった例はないのです。 ただ、こういうと「褒めてハラスメントと言われるのが怖い・・・・。」という方がいらっしゃいます。それは、「相手の価値や存在を認めずに、褒めている」から、嫌み・皮肉・否定・批判・非難・無視・無関心となっているにすぎないのです。

人には、認めて欲しいことや、分かってほしい気持ちがあります。それを知ろうとせず、分かろうとせず、受け入れようとせず褒めたら、それは、上辺だけの褒めるであり、愛情に支えられたコミュニケーションではないのです。

まとめ 触れ合いのコミュニケーションが大事

なので、ハラスメントを解消するためには、触れ合いのコミュニケーションが大事なのです。