カテゴリー
ハラスメント相談コラム

パワハラの訴える先は、どこが良い?

パワハラの訴える先、一番初めは、会社の相談窓口が基本。

ハラスメントは、会社の相談窓口にまず相談する!


ハラスメント防止法(パワハラ セクハラ マタハラ)は、簡単に言えば、

  • 未然防止(ハラスメントはしていけない旨の周知)
  • 相談窓口の設置
  • 再発防止(ハラスメントの事実が認められなくても、実施する)

を行うよう、各企業に義務付けています。
法律で義務付けている!ということは、法律に則った対応をしていなければ、行政(厚生労働省・労働局)からも注意・指導がいくという事です(申告による注意指導も可能)※但し、パワハラについては、中小企業は2022年4月から。

パワハラは、再発防止が最重要

ですから、企業に(相手も含めて)ハラスメント防止の対応をしてもらおうとするのであれば、

という手順が非常に効果的なのです。

実は、企業のハラスメント相談窓口というのは、あまり機能していないことが多いのです。「相談された⇒事実調査する⇒(ハラスメントの事実が認められなくても)再発防止策を講じる」という流れが法律で義務付けられていることを理解していないところも多いのです。ハラスメント防止のために、企業は以下の措置を取るよう求められます。

スライド1
スライド2
スライド3
スライド4
スライド5
スライド6
previous arrow
next arrow

ですから、会社の相談窓口がまともに対応しない場合は、その事実をもって行政(厚生労働省=労働局)に申告して、指導監督をしてもらうことが効果的です。ただ、その前提に、以下の心掛けが必要になってきます。

スライド1
スライド2
スライド3
previous arrow
next arrow

まとめ

会社を良くしたい!
戦略的に、対応したい!

という方は、是非私たちにご相談ください。