カテゴリー
ハラスメントの実例

米ニューヨーク州のクオモ知事にセクハラ疑惑、元側近2人が被害を告白

CNN.co.jp : 米NY州のクオモ知事にセクハラ疑惑、元側近2人が被害を告白

アメリカ、ニューヨーク州でのセクハラのニュースです。

【引用はじめ】
(CNN) 米ニューヨーク州のクオモ知事からセクハラを受けたと、元側近の女性2人が相次いで声を上げた。いずれも本人は強く否定している。
クオモ氏に対しては、元顧問のリンゼイ・ボイラン氏が24日、投稿サイト「ミディアム」への書き込みで、2018年にクオモ氏とニューヨーク市内の事務所で打ち合わせをした後、唇にキスされたと主張した。
クオモ氏は行為を否定したが、州上院のスチュワートカズンズ民主党院内総務が懸念を示し、ホワイトハウスのサキ報道官や政敵のデブラシオ・ニューヨーク市長が調査の必要性を指摘するなど、同じ民主党の内部から批判的な声が上がっていた。
さらに米紙ニューヨーク・タイムズによると、昨年11月までクオモ氏の補佐官として保健政策顧問を務めていたシャーロット・ベネット氏(25)が昨年6月、州都オールバニにある同氏の事務所で2人だけになった時に個人的な質問を受けたと告白した。
性交渉の相手は1人か、年上の男性と性的関係を持ったことがあるかなどと聞かれたという。クオモ氏はまた、自分は20代の女性と関係を持つ気があると語ったとされ、ベネット氏はこれを明らかに性的関係への誘いと解釈した。
同紙の報道に対して、クオモ氏は27日、相談相手になっただけでベネット氏に迫ったことはなく、不適切な行動に出ようしたこともないとの声明を発表。この問題に関する「外部調査」を要請したと述べ、「調査が完了するまではこれ以上コメントしない」と言明した。
クオモ氏は昨年、新型コロナウイルス感染拡大への対応で支持を集めたが、最近は高齢者施設での死者などをめぐり、与野党から追及を受けている。
【引用終わり】