パワハラを相談する窓口について。愛知県ならば、どこが良いですか?

パワハラ セクハラ 相談
パワハラ地獄敢闘記(ホームページ用)
企業の方の、ハラスメント対応の
previous arrow
next arrow

愛知県や名古屋市のパワハラ相談窓口を紹介します。

私たちも、所在地は、愛知県春日井市にあります。ですので、今回は、愛知県や名古屋市でお勧めするパワハラの相談窓口をご紹介します。

おススメ愛知県のパワハラ相談窓口

パワハラは、非常に複雑な要素が絡む時があります。ですから、それぞれの役割を分かったうえで、相談をされると、もっと良いかと思います。

1.愛知労働局総合労働相談コーナー

行政でパワハラの相談をするなら、愛知労働局総合労働相談センターに相談するのが良いでしょう。

電話番号は、

052-972-0266です。

労働局の総合労働相談センターは、パワハラ防止法によって、パワハラの当事者が申し出たことによって、必要な助言、指導又は勧告をすることができます。根拠は労働総合施策推進法第30条の五です。

第三十条の五 都道府県労働局⻑は、前条に規定する紛争に関し、当該紛争の当事者の双方⼜は⼀方からその解決につき援助を求められた場合には、当該紛争の当事者に対し、必要な助言、指導⼜は勧告をすることができる。
2 第三⼗条の二第二項の規定は、労働者が前項の援助を求めた場合について準⽤する

労働総合施策推進法

つまり、愛知労働局は、パワハラの相談に対して、場合によっては、会社に指導ができる!というのが強みです。

ちなみに、労働基準監督署は、パワハラの相談は受けますが、パワハラ防止法(労働施策総合推進法 第九章)は取り扱い管轄ではないので、意外と動けない!という難点があります。

2.愛労連労働相談センター

愛知県労働組合総連合(略称 愛労連)が行っている、労働相談です。

電話番号は・・・・

052-881-1411
0120-378-060(フリーダイアル)

です。相談受付時間は、午前9:30~午後4:30<面談は要予約>で、祝日とお盆・年末年始を除く月から金曜日に行っています。

もともと、愛労連が労働局や労基署などで働いている人も含め、公務員の方々が多く結集していることもあり、行政の活用も含めて、パワハラに対して、どのように対応すればよいのか、実践的なアドバイスをしているのが特徴です。私も相談員として参加しています。

弁護士だと、誰がお勧めですか?

無料で・・・が前提なら、法テラスか、愛知弁護士会の無料相談でしょう。
しかし、これらを利用して、パワハラに詳しい先生に当たるかどうかは別の話です。

やはり、労働に長けている先生にご相談するのが良いと思います。
私(代表、原田芳裕)が直接存じ上げている先生や弁護士事務所をご紹介します。

岩井先生は、小牧市役所パワハラ自死事件における、第三者委員会の委員長も務められました。

白川先生は、名古屋の中堅弁護士の中でも、非常に労働分野に優れている先生です。私は秘かに・・・「労働問題オタク」と呼んでいます。もちろん、パワハラにも精通しています。(ごめんなさい! 白川先生)

言わずもがな、愛知で労働問題と言えば、この方です。パワハラに関しても知見が深い方です。

30名以上の弁護士を擁する弁護士事務所です。愛知で隋一の規模であり、労働問題に強い先生を揃えているのも特徴です。

労働関係で大きな事件を取り扱う事務所です。

まとめ:本当にパワハラを解決したい方は、私たちにもご相談いただければと思います。

今回、私たちは、1000件以上相談にのらさせていただいた経験から、愛知県でパワハラの相談をするときに効果的なところをご紹介させていただきました。

しかし、ハラスメントは、キチンと整理をして相談をしないと、どこに言っても解決に至らない!という事もあり、
その100%の原因は、「相談した方が、整理をしない」ことに尽きることも多いのです。

とは言っても、パワハラに対して、どこに、どのように相談したらよいのか、分からないこともあるかと思います。

私たちは、弁護士に対して相談する!、労働局に対して相談する!という事も含めて、戦略的で効果的、かつ総合的なパワハラ相談を無料で行っています。

ですから、パワハラを解決したい方は、私たちにも、ぜひご相談いただければと思います。

私たちも、愛知県を拠点にしています。もし、パワハラを解決したくてご相談されたい場合、下のフォームから相談することも可能です。折り返しご連絡いたします。是非ご相談ください。

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須   ※但し、携帯のメールアドレスはご遠慮下さい←PCのアドレスから返信できないことが多いので)

    住所(都道府県及び市町村までは必須 それ以下は任意)

    電話番号(必須)

    会社名若しくは、業種(必須)

    職種(必須)

    従業員数(必須)

    ご相談内容(必須)

    ご相談の具体的内容