労働相談で、パワハラなどのハラスメントに対して専門性をもっています。

パワハラ セクハラ 相談
パワハラ地獄敢闘記(ホームページ用)
企業の方の、ハラスメント対応の
previous arrow
next arrow

私たちは、パワハラの労働相談を得意としています。

私たちは、パワハラなどのハラスメントの無料相談を得意としています。それは、私自身がハラスメントの経験をしてきたからです。
ここでは、どうして、私たちがハラスメントの相談に拘っているのかについて、述べたいと思います。

「ハラスメントを無くす」からはじまった労働相談

もともとは、今でもそうですが、「ハラスメントを無くしたい」というところから始まった労働相談です。

この労働相談の原点は、2012年に始めた労働相談です。この時は中日新聞に大きく報じられました。

2012年8月中日新聞

そして、それが今では、愛労連労働相談センター相談員も兼ねながら、この労働相談へと発展していっています。

もちろん、企業へのハラスメント防止も大事なので、職場環境改善工房として、ハラスメント防止も行っています。

原点は、ハラスメント体験

この労働相談の原点は、私自身のハラスメント体験です。

実は、このハラスメント体験を、私は本として出版しています。

自分のハラスメント体験が、「ハラスメントを無くしたい!」という想いを決意させ、この相談に至っているのです。

実践的な解決策の提示、しかも無料

ハラスメントの現場を被害者として経験してきたことから・・・・この相談は、

実践的な解決策を示す

ことに拘っています。しかも、私自身が1000件以上のハラスメント相談に乗ってきた経験から、非常にシンプルで、すぐに実践できて、納得の解決に至る方法を提示します。

しかし、この労働相談で提示する解決策は、具体的ゆえに、実践しようとすると、心理的にプレッシャーがかかるのも確かです。しかし、これは、実際に闘ってきた私だからこそできる、解決策です。ですから

  • 心理的なプレッシャーはかかるが、非常に効果的な方法の提示
  • 思い切って、泣き寝入り

この2案を、相談で提案するのが、独特のスタイルです。効果的な方法は心理的プレッシャーがかかるので、「もうこれ以上嫌だ!」から、闘わないことも提案します。

これらの方法は、無料です。

その他の、おススメのパワハラ相談窓口

パワハラ防止法を管轄しているのは、労働局なので、

労働局の労働総合相談センター

に相談するのが良いでしょう。実際に、パワハラに関しては、労働局が監督指導ができます。

都道府県労働局がパワハラの指導・勧告できることは、これらのページも参照してください。

パワハラは、法律で、どのように規制されているの? 【企業向け】 - ハラスメントの研修をやって、会社も社員も幸せになろう

目次1 「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業⽣活の充実等に関する法律」にパワハラ防止の規定があります。2 ハラスメント防止措置を分かりやすく言…

パワハラ防止対策。企業にとって大事なことは? - ハラスメントの研修をやって、会社も社員も幸せになろう

目次1 パワハラ防止の対策では、相談窓口が機能することが一番大事1.1 パワハラ防止法が企業に課す義務1.2 パワハラ相談窓口がしなければいけないこと1.2.1 ハラスメント…

ですから、パワハラは、労働局の総合労働相談センターに相談するのが良いのです。

まとめ 私たちの無料相談にも、是非ご相談を!

私たちは、このいきさつから、パワハラの相談にも、非常に力を入れております。

パワハラでお悩みの方、ぜひ、ご相談いただければと思います。

労働相談は、以下のメールフォームから承ることができます。

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須   ※但し、携帯のメールアドレスはご遠慮下さい←PCのアドレスから返信できないことが多いので)

    住所(都道府県及び市町村までは必須 それ以下は任意)

    電話番号(必須)

    会社名若しくは、業種(必須)

    職種(必須)

    従業員数(必須)

    ご相談内容(必須)

    ご相談の具体的内容