カテゴリー
ハラスメント相談コラム

ハラスメントは、無自覚にしてしまうものですか?

パワハラ セクハラ 相談
パワハラ地獄敢闘記(ホームページ用)
企業の方の、ハラスメント対応の
previous arrow
next arrow

ハラスメントの言動は、無自覚の「恐れ・怯え」から起こる

まず、ハラスメントの心理について、説明していきましょう

ハラスメントの心理的本質は、「恐れ・怯え」です。そして、相手を攻撃します。
言い換えれば、恐れや怯えから自分を守ろうとして(即ち、防衛本能)、相手を攻撃します。これを、「値引きの心理」と言います。

値引きの心理

そして、「値引きの心理」からくる言動には、言葉で相手を攻撃する「不愉快の心理」と、態度で相手を攻撃する「不機嫌の心理」があります。

さらに詳しく「値引きの心理」について、お話します。
「値引きの心理」は、自分だけが優位に立とうとするために(動機・欲求)自分や相手の価値を下げる(欲求を満たすための手段・方法)のです。

他者否定感情 自己否定感情

自分や相手の価値を下げる感情には、以下の2つがあります。

他者否定感情(相手の価値を下げる)から、自分だけの利益を得ようとするとき、言動はすぐに否定的になります。

自己否定感情(自分の価値を下げる)から、自分だけの利益を得ようとするときは、「相手に言わせたり、させたりする」ことで、欲求を満たそうとします。しかし、満たされないとストレスを貯めるばかりなので、メンタル疾患になりやすくなります。また、ストレスの限界が来ると、突然攻撃的な言動を発したりします。

ハラスメントは無自覚で行われる嫌味 皮肉 否定 攻撃 無視 無関心の世界である

いずれにせよ、ここには、触れ合いや認め合い、わかり合いは無く嫌み・皮肉・否定・無視・無関心の世界なのです。

不愉快の心理

では、不愉快の心理とは、何でしょうか? 簡単に言えば「言葉で攻撃」します。

不機嫌の心理

一方、不機嫌の心理は、態度で攻撃します。無視、無関心の心理の典型です。

まとめ ハラスメント相談は、私たちに。

そして、忘れてならないのは、これらの行為は「無自覚」に行われるということです。そして、無自覚ながらも、自分だけが優位に立つシチュエーションを作っていくのです。

ですから、ハラスメントの相談は、是非、私たちに願います。

おまけ 私のピアノ曲で癒されてください。

代表の原田が作曲したピアノ曲で、皆様の癒しになればと思います。